診療メニュー|入れ歯・ブリッジ

「歯を失った方へ」入れ歯とブリッジ

「歯を失った方へ」入れ歯とブリッジ

武豊町の歯医者「とみ歯科クリニック」では、失った歯の機能を取り戻す入れ歯治療、ブリッジ治療を行っています。口腔内の状態やご希望に応じて、最適なご提案をいたします。まずは一度、当院までご相談ください。

入れ歯とは?

総入れ歯とは?

総入れ歯とは?

上の歯あるいは下の歯すべての歯を失った場合に用いられる入れ歯です。さまざまな種類の総入れ歯があり、ご要望に応じて選択していただけます。

部分入れ歯とは?

部分入れ歯とは?

部分入れ歯とは、複数本歯を失った場合に用いられる入れ歯です。部分入れ歯には、金属フレームの部分入れ歯と、アクリル樹脂製の部分入れ歯があり、ご要望に応じて選択していただけます。

金属フレームの部分入れ歯 アクリル樹脂製の部分入れ歯
周囲の歯にひっかけて固定する金属のバネがついた入れ歯であり、入れ歯をしっかり固定できます。 アクリル樹脂で作られた入れ歯です。仕組みは金属フレームの部分入れ歯と同様で、バネをひっかけて固定します。金属を使用しないので見た目が自然な上、金属アレルギーのリスクがありません。
仮入れ歯とは?

仮入れ歯とは?

仮入れ歯とは、抜歯後すぐに使用できる仮の入れ歯のことであり、「即時義歯」とも呼ばれます。新しい入れ歯を入れるまでの間、歯の機能と見た目を一時的に補うために使われます。仮入れ歯により、治療当日から普段どおりに生活できるようになります。

入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属のバネがない入れ歯です。吸着性の高いシリコン素材が歯ぐきにぴったりフィットし、入れ歯を固定します。金属のバネがないので、見た目が自然で人に気づかれることがほとんどありません。入れ歯が外れたりずれたりすることがなく、しっかり咬むことができます。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

歯根に磁性金属を、入れ歯に磁石を埋め込み磁力で固定する入れ歯です。金属のバネがないので見た目が自然で、外れにくくしっかり咬むことができます。簡単に着脱でき、お手入れも簡単です。ただし金属アレルギーのリスクがあります。

BPSデンチャー

顎や筋肉の動き、咬み合わせ、口腔内全体のバランスなどを考慮しながらフルオーダーメイドで作製する入れ歯です。

コーヌスクローネデンチャー

残っている歯に金属の土台(内冠)をつけ、それにぴったりはまるクラウン(外冠)のついた入れ歯です。

金属床

金属床

顎に当たる床の部分が金属でできた入れ歯です。薄く作ることができるため、違和感が少なくしゃべりやすいという特徴があります。また食べ物の熱が伝わりやすく、食べ物の温かさ・冷たさを感じることができます。ただし、修理が難しいというデメリットもあります。
軽量で、生体親和性に優れたチタン製、強度が高いコバルトクロム製があります。

ブリッジとは?

ブリッジとは?

ブリッジとは、金属、セラミックス、ガラスセラミックスなどでできた装置であり、両隣の歯に取りつけて固定し、歯を失った部分のスペースを埋めます。インプラントのように手術が必要なく、歯をしっかり固定でき違和感が少ないというメリットがある反面、健康な歯を削ることになり、支えとする歯に負担がかかるというデメリットがあります。